心のたがをはずして川底で光るものに気付きたい
2017-09-08 Fri 23:46
2年前から日本リハビリテーション工学協会の協会誌の編集員を拝命しています。多職種の人が出入りする協会で、投稿の校正などお手伝いしていますが、とても勉強になります。編集委員は回り持ちで、自分の興味のある分野を選び、担当させていただける号があるのですが、私の担当号はただいま原稿が順調に集まり鋭意校正中♪初冬に発刊予定です。またその際にはご紹介させていただきますね!
特集の執筆をお願いした方々といろいろやり取りしました。それも有意義なことでした。
その中で、静岡の重症心身障害児者施設、つばさ静岡の小児科医浅野一恵ドクター、実はまだリアルにはお会いしてないのですが、ご活躍に注目していたドクターに執筆をお願いし何回かメールでやり取りできました。
リハ医を26年やってきて、長男ともうすぐ25年一緒に暮らしてきて、医者になった頃と私の考え方もずいぶん変わったと思います。重い障害のある人々、体を動かすことも、話すこともできない人たちは実は弱くない。ほんとはすごく強い。心のたがをはずして彼ら彼女らと接すると肌からそれが伝わってきます。
この詩は相模原の事件から1年の振り返りに他の沢山の職員さんとともに浅野ドクターがつばさ静岡のHPに寄稿されていた詩です。素晴らしいのでご紹介いたします。
     
川底で光るもの  医師   浅野一恵 
   
幼い頃日が暮れるまで探し求めていたもの
川底で太陽の光に反射して光る小石
用水路のへりにこっそり生える数珠玉
山道で拾ったハート形した紅色の葉っぱ
どれもキラキラ眩しくて、私の心は虜になった
そして今私はつばさ静岡にいる
何気なく過ぎていく日常
障害のない人とある人がともにいる
たまたまこの世で障害を背負っていない君と背負っているあなた
毎朝鏡の前で丁寧に髭を剃る君とさっぱりして誇らしげに微笑むあなた
夜ぐっすり眠れることを願い足浴してくれる君と感謝の気持ちを満面の笑顔で伝えるあなた
心を込めて食べやすい食事を毎日作ってくれる君と美味しそうに頬張るあなた 
苦しそうな息遣いを心配する君と精一杯力を振り絞って深呼吸するあなた
オリンピックの歓声をテレビの前でともに喜ぶ私たち
一緒にプールに入って水鉄砲で無邪気に遊ぶ私たち
一緒にお酒を飲んでともに赤ら顔の私たち
一緒に寝転んでファッション雑誌をともに見入る私たち
何気ない日常を私たちはともに生きている
 
たまたまこの世では障害を背負っているあなた
あなたは私たちに最高の笑顔で応えてくれる
人のやさしさに何よりも敏感なあなたは全身で喜びを表してくれる
痛みや苦しみのセンサーを最小限に絞り、楽しみや喜びのアンテナを最大限に広げるあなたは、くしゃみ一つで大笑いする
私が寂しいことを誰よりも先に気がついて、あなたは頭を摺り寄せてくる
あなたがいてくれて、わたしはホッとする
 
あなたのことを大切に想ってくれるひとがたくさんいる
片道何時間もかけてあなたをお風呂に入れに来てくれるお母さん
肩枕をしてあなたと一緒に眠るのを楽しみに訪れるお父さん
あなたの髪の毛を綺麗に編み込みしてくれるお姉ちゃん
ハウスでとれた苺をお裾分けしてくれる農家のおじさん
ひとりひとりの手を宝物のように大事に磨いてくれるエステのお姉さん
一生懸命練習した成果を発表してくれる吹奏楽部の高校生
美味しいものをいつまでも食べられるように口の隅々まできれいにしてくれる歯医者さん
術後の経過が心配でわざわざ見にきてくれる外科の先生
 
そこには広い心がある
そこには深い思いがある
私のちっぽけさをあらためて知る
けれどちっぽけな私も許されていることを知る
そしてちっぽけな私の中に輝くものを見つけられる力があることに気がつく
ちっぽけな私にも小さな優しい気持ちがあることに気がつく
 
ほんの小さな力かもしれないけれど、精一杯伝えたい
輝き続ける光に気がつかせてくれたことへ、ありがとうの気持ちを
そして伝えたい
たまたま障害を負ったあなたと、障害を負っていない君と、支えてくれる優しい人たちに
大切にしてくれてありがとう
私もあなたが大切です、と
 
川底に光るもの
その一つ一つは小さいけれど
その光は人の心を掴んで離さない
一つ一つの輝きがつながって、大きな川の流れになり
私たちすべてを包む大海の深く広い光になる
スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
秋が来る…
2017-08-26 Sat 19:43
IMG_9777.jpg
残暑お見合い申し上げます。
近所のワイン屋さんに立ち寄ったらおつまみ袋がハロウイン柄。季節外れだな(-_-;)と思ったら、今秋に向けての新製品でした。
今日は野のすみれは婦人科相談。患者さん、付き添いの保護者の方、みんなでいろんな話に発展します。障がいって?女って?子産みって?私にとっても他科の医師の話を聴くのはまた違った切り口を学ぶ良いチャンスです。多忙な中、ずっと来てくれる同級生の婦人科医に深謝です。

週明けは市内の横浜療育医療センター出張のためお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、リハビリテーション科、発達精神科に携わる者として、社会の動向に疎くならないというのも非常に大切とも思います。何卒ご理解のほどお願いいたします。
そして週明けは横浜の小学校の始業式。楽しみにしてる子が多いのかな。
行けるかな,行けないかな、行けない・・・と悩んでるお友達。行けと言ってっていいのかな、行かなくていいと言えるかなと悩むお母様方、つらい週末を迎えているご家庭も少なくないんではと思います。
行かれないには行かれない理由があり、本人が悪くない場合がほとんどです。
教育は最大の愛だ、と私も思います。でも学校=教育ということではないとも思えてしまう今日この頃。
一緒に考えていきましょう・・・とくらいしか言えないんだけど
小さい胸に悩みをため込まないでねと祈っています。
写真は庭の小さい葡萄の木の実。5年目にしてよく実るようになりました。
☆野のすみれの予約はまずは診療時間帯に受付に①電話0456337324へお願いいたします。
つながらない場合などの方法として
②FAX0456337924
③メール nonosumiresuzuki@yahoo.co.jp
に、お名前、簡単な受診動機、お電話のご連絡先をお知らせいただければ、診療日の一両日中に、内容によって受付または院長よりお電話を差し上げます。月曜日午前、木曜日、第1第3土曜日、日曜日祝日は休診です。
なお、こちらからのお返事は電話に限らせていただきメールでのお返事はできません。何卒よろしくお願い申し上げます

別窓 | コラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
次回の婦人科相談は8月26日土曜日です。
2017-08-01 Tue 18:39
20431612_10209060943791760_2151861688799651435_n.jpg
2017も早くも8月!!今現在横浜は大雨ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
なんとかお蔭様で野のすみれも7月4日で1周年。大好きな先輩からまたあらためてお花をいただき、あ~またこの1年も頑張ろうなんて思っていてるうちに1か月がとんで行ったようです。
今まで療育センターに通うお子さんとのお付き合いが多かったのですが、すみれにはもっと幅広い層のお子さんが来院されます。長年の考えにとらわれず、障がいっていう枠をもう一回外していろんなことを考え直すことで結構脳みそがフル回転です。
また療育センターのように大勢のスタッフではないので、私、ナースさん、受付さん、PTさん、心理さん、一人一人の”人間性”がより問われること間違いないです。それぞれの職種の技術的な研鑽だけでなく、それが一番難しいんですが、私はじめ全員の”人間力を高める”ってことが、患者さんにダイレクトに還元されるはず。弱小の野のすみれには難しいことでもありますが、皆で高めあっていかれるよう頑張りたいと思います。
今日は婦人科外来のお知らせを書こうと思ったのに、前段が長くなりました。
次回の婦人科相談は8月26日土曜日です。
婦人科相談とは身体的な障害や発達障害のために
本格的な婦人科を受診を躊躇ぃていらっしゃる方のために
婦人科医師をお招きして相談をお受けしているものです。
私も同席させていただき障がいの特性など一緒にお伝えいたします。
綱島鈴木整形外科明子外来のころから通算して14回目になりました。お一人30分,事前の予約が必要です。

写真は今年のヨッテク。例年通り?長男と行ってきました。市バスが会場にあり、どういうバリアフリーの工夫があるが体験できます。横浜市リハビリテーション事業団の努力の賜物とも思いますが、年々出展者がバラエテイに富み、接客する職員さんもこなれてきて、センターで業務をしてる時とは一味違った感じ♪今年はいわゆる障害向けでない企業の出展も増え面白かったです。私も20代からの仕事仲間にあえ、長男も通園療育からお世話になりましたので知ってる方々に声をかけていただけ嬉しそう。あ~よこはまで生きてきたな、光陰矢の如しと感じた午後です。
別窓 | 野のすみれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
当事者勉強会 脳性麻痺ってどういう病気? 
2017-06-15 Thu 22:35
当院に通院している当事者対象の勉強会を開催しようと思います。

7月8日土曜日13時から。お題は”脳性麻痺ってどういう病気?”です。

成人されて一人暮らししながらお仕事をされている脳性麻痺の方々、小さいころから訓練訓練と頑張ってきたけど、
案外、ご自分の病気のこと、車いすのこと、訓練のことなどなどきちんと説明されたことがないのではないかと感じます。
先日そんな中のお一人にこの企画を話したところ、とても喜んでいただけたので、よし!とやる気を出しております。
30分ほど院長がお話しした後、参加者で意見交換します。
参加費500円、お茶付きです。
保護者の方でなく、当事者の方同士で話し合おうという勉強会です。
今後、脳性麻痺の訓練って?、装具いろいろ、…と月1程度で開催予定です。
ご参加希望の方は7月8日の診療予約が必要です。
①診療時間帯に受付に電話0456337324へお願いいたします。
②FAX0456337924
③メール nonosumiresuzuki@yahoo.co.jp
に、お名前、お電話のご連絡先をお知らせいただければ、診療日の一両日中に、内容によって受付または院長よりお電話を差し上げます。月曜日午前、木曜日、第1第3土曜日、日曜日祝日は休診です。なお、こちらからのお返事は電話に限らせていただきメールでのお返事はできません。

写真は当院の診察券の原画、望月麻里さんに描いていただきました。呼吸を感じる筆跡に心が落ち着く一枚、院内でご覧下さいね!
18839007_360627357672716_6292613574339932133_n.jpg
別窓 | 野のすみれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
野のすみれクリニック リハビリテーション科 のお知らせです。
2017-06-15 Thu 09:18

☆当院に新患予約を取る方の中には、苦手な感覚について説明したい、こういう疾患も診てもらえるのかなど、予約の時点で院長とお話しすることのご希望が少なくありません。しかし診療中で電話に出るのが難しい、往診対応なども行っているなどから、ご不便をおかけしております。
①新患の方もまずは診療時間帯に受付に電話0456337324へお願いいたします。
つながらない場合などの方法として
②FAX0456337924
③メール nonosumiresuzuki@yahoo.co.jp
に、お名前、簡単な受診動機、お電話のご連絡先をお知らせいただければ、診療日の一両日中に、内容によって受付または院長よりお電話を差し上げます。月曜日午前、木曜日、第1第3土曜日、日曜日祝日は休診です。
なお、こちらからのお返事は電話に限らせていただきメールでのお返事はできません。
何卒よろしくお願い申し上げます。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| DR.akkoの春夏秋冬 | NEXT>>