FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
出来ないという思い込みを捨てる柔軟さ&工夫を!
2015-02-26 Thu 21:56
この世の中は大多数の人間が住みやすいようにできています。洋服のサイズだってSMLに入ればいいけど、それより大きい人、小さい人は探すのが大変です。さらに、街なかの照明の加減、アナウンスの音、ここまではまあ我慢できるだろうと言う多数決のラインがあります。発達障害などのために、”聴覚過敏”、”視覚過敏”があると、私たちには何でもないことが、とてつもない苦痛や恐怖になってしまうことがあります。まあ、あっちが過敏なのか、こっちが鈍感なのかわかりませんが(笑)
そういう障がい児子育てで、パパママが戸惑うことは日常生活で沢山でてきます。"なぜ泣いてるのかわからない…”のなかにそう言った感覚過敏に起因するものも少なくありません。ヘアカットなどもでつまずく話が多いです。
数年前まで伺っていた非常勤先では、理髪ボランテイアさんがカットに来てくださってました。床屋さんでは大騒ぎになってしまう場合、”泣いても騒いでもよく”、なれた場所である、という利点はありました。でも本当にhappyにカットできる工夫をしていたのか隣室で外来をこなしていた私にはさだかでありません。泣き声がよく聴こえました。今日この記事を、いつも素敵な情報をくださる非常勤先の技師さまにいただき、感動したとともに、なぜ見に行って、こういう提案ができなかったか、恥ずかしくなった次第です。
記事によると赤松さんは、発達障がいの知識がなかった時、襟足にバリカンをあてパニックを起こさせてしまった経験から、このプログラムを立ち上げるに至ったそうです。まさに私たちが”療育”と称して(えらそうに??)行ってることを美容師さんの立場からしっかり行ってくださっている…。我が家の長男も床屋さんからつまみ出され?ママカットで今に至っています。特に小学生の頃は、周囲のお友達よりかなりさっぱりしていない髪型(^_^;)で、ちょっとつらいな~と感じたことも。
柔軟な心、工夫、それで乗り越えられることって色々あるのかもしれませんね。
http://www.sora-pro.jp/action/smilecut.htmlDSC_4337.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 障害児子育て | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<次回”障害をもつ方のための婦人科相談”は4月25日土曜日です。 | DR.akkoの春夏秋冬 | "採血できて”ありがとう!>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| DR.akkoの春夏秋冬 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。