FC2ブログ
全員集合!
2012-03-17 Sat 08:32
昨日、自閉症の長男君が4泊5日の学校の年一回の体験入寮から帰ってきました。大喜びで行った割には途中シクシク泣いたりもあったようですが、クラスの仲間に励まされてカラオケなども体験(彼は全くの聞き役)させていただき、手厚く面倒をみていただいき先生方には感謝の一語です。バスポイントにバスがついて、バスの中から彼は迎えに来ていた私を見つけ、早く降りたくて堪らない様子なのですが、なかなか立ち上がりません。バスの窓の近くまできて覗き込むと、彼の隣の小柄なダウン症のぼくちゃんが爆睡中。この子は年下ながら息子を気にかけてくれてる出来る男でかわいこちゃんです。長男は寄りかかってくる彼を困ったな~という目で見て立ち上がれなかったようです。その姿に母はジ~~ン。何て心優しい大男(長男は小さいお相撲さんくらい大きいです)に育ってくれたことか。家に戻れば5日分の洗濯物、やはりお風呂だ、ご飯だとうるさくて、センチメンタルな思いはふっとび、あっという間に慌ただしい日常に戻りましたが。長男が入寮中、普段できない遊び、飲み会でヘロヘロしました。貴重なリフレッシュになったとともに、長男あっての家族と実感した今週でした。
朝ご飯のあと、心をこめてミルクティーを入れてあげました。いつも通りお砂糖をいれたスプーンでズーズー音を立てて飲む姿を見ながら、この幸せがいつまでも続きますようにとまたちょっとセンチメンタルな明子です。
スポンサーサイト



別窓 | 障害児子育て | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<こどもの行事(2) 一日一生 | DR.akkoの春夏秋冬 | 私の食い意地:ねぎ編>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| DR.akkoの春夏秋冬 |