FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
地元医師会の先輩方との語らい,励みになる~
2013-06-27 Thu 10:13
私も港北区医師会会員です。医師会の様々な集まりには院長が出ることが多く(特に夜の勉強会などは、長男を預けることが難しく夫婦どちらかの参加しか無理…)あまり活発に医師会のお仕事はできてませんが、年に一回、女医先輩方(最近ようやく後輩もでき始めました!!)との意見交換会は特に楽しみで何とか出席しています。

参加当初は、先輩方のお話を拝聴するばかりでしたが、先日は思い切って、”忙しい外来中の時間のかかる発達障害をもつ人、子の診療”について、ちょっと相談させていただきました。
参加者の中には、作業所の嘱託医をしてくださってるドクターもいらっしゃって、”作業所の人たちが、ここ(クリニック)で、どう心地よく過ごせるかを考えるのは、想像力の問題で、それをスタッフともども考えるのは楽しい”と、仰ってました。身内にそういう問題を抱えていなくても、ご専門が発達障害でなくても、できてる人にはできてるんだなと感じ心強かったです。
また内科のドクターからは、たとえば精神的な疾患がベースにある、高齢の一人暮らしの方など、納得していただくまで説明しなければならないこともある、そういう場合、付き添いさんはいないので、むしろ親や、施設の方が付き添いがある分、発達障害の方がいいのでは・・・との意見もありました。

親という立場になるとつい熱くなってしまうけれど、冷静に考えれば診ることに時間がかかるのは発達障害だけではないということ。ゆっくり診ることがができない、たくさんの方をお待たせせず、しかもよい医療をして、外来をまわさねばならない・・・このジレンマというのは、発達障害にかかわらず、実は医療全体の問題を映し出しているのかもしれません。
医師がしっかり話を聞く、時間をかけて診察することは、多忙な業務内では難しく、それに対する報酬としての評価はない今の環境…そういう点の改善をしていくことも発達障害をもつ子たちが医療にかかりやすくなることにもつながるはずです。
大きなきなシステムを一気にかえるという才能は私にはないです^^;まずは綱島鈴木整形外科という小さい住処を基盤に足元の努力から始めていくことなら何とか。医療サイド、患者サイド、どちらの立場も分かる自分ができる”通訳みたいな橋渡し”をしていこうとあらためて考えました。地元の素敵な女医さん先輩後輩に、そういう問題に取り組もうとしている自分をを知っていただいたのも小さな一歩だけど良かった!直接に意見交換し合い、熱く議論することの大切さを再確認し、さらに、女たちの強さを思い知ったいろいろ刺激多い会合でした。私の生まれた翌年には開業され今も現役の大先輩、家族の介護に明け暮れつつ業務を果たす大先輩、うん、先人は凄いです。


長男も仕事を初めて3か月。夏になってしまった!!まだ、という気もするし、もう、という気も。学校が終わって、これからが長い彼の人生。有り難いことにとりあえず元気そう。これからも彼にたくさんの良い出会いがあることを祈るばかりです。写真は、今日の我が家のお玄関のかざり。お花がないときはこんな感じもどうでしょう♪

suika.jpg
スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<生きづらさを抱えた我が子と… | DR.akkoの春夏秋冬 | 「思春期を鍵にした発達障害の人達への支援」ネストジャパンの学習会を当院で行います。>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| DR.akkoの春夏秋冬 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。