FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
コミュニケーション障害?異種コミュニケーション?
2013-10-26 Sat 12:08
DSC_2253.jpg
支援をする人とされる人の関係が深くない時(青年期以降こういう関係も増えます)には、その子(人)がどんな特徴があるのかの情報の伝達に“スピード””簡潔”も求められてきます。じっくり詳しいバージョンでなく(それはそれで必要)、コンパクトな最小限の調査票というものの必要性を強く感じてきましたこと、前回書きました。
我が家の長男も、ある程度の文字の理解、書字はできるのですが(写真左)、発語はなしですし、耳からの言葉の指示は勘違いが多く混乱をきたす心配があるという、初めましての方にはわかりにくいタイプです。
学校なら数か月かけて分かり合うこともできるかもしれません。しかし、ガイドヘルパーさん、作業所でボランティアさん、施設での短期入所、一時預かりなどのとき、いつも決まった人を指定することは現実には無理です。いわゆる“定型発達”ではないと、その子(人)が理解できることと理解できないことの見分けがとても難しい場合があります。細かく説明しだしたらかなりの時間がかかるけれど、初対面やそれに近い人に全部を説明するのは無理。“何となく”でお願いすることが、支援する側、される側、苦痛にもなりかねません。
それで読む側がとりあえず嫌に?ならない情報量のものを試行錯誤中です。
どこの施設、事業所でも、はじめに数枚にわたる書式の調査票の記入が求められます。でもボランティアさんも含め、現場のすみずみの人までそれを周知するのは困難。こんな骨子だけのようなものが目を通し安いし、この用紙をみて、質問してくださる方もあります。質問を伺って、あ~そこだったんだと思ったり。何事も対話は必要で、このいい加減さが叩き台にはなりやすいのかもしれません(笑)


         今日もよろしくお願いいたします♪
名前、呼び方
今日の体調
好き
苦手


本人から意志の伝え方
言葉 身振り 写真カード 絵カード その他



本人への情報の伝え方
言葉 身振り 写真カード 絵カード その他
 


こだわり:くせ

食事の介助

トイレの介助


パニックの前兆
パニックの対処法


緊急連絡先


こんな感じでA5用紙にざっくり書き込んでいます。(写真右)


どんな場合でも人と人が分かり合うには、“時間”という要素は必要ですね。知り合って1日目、半年目、10年目では私たちだって全く違う。特に支援を受ける側が大人で、教育的指導が終了していれば、はじめはぐっと大雑把であっても、大事な骨組みだけはもれなく理解していただく、そして肉付けは会う回数や年月が補うくらいがいいのかななんて感じます。
長男を見ていても自閉症は”コミュニケーションの障害”といわれるけれど、独特の方法で必死に世間と渡り合っているように感じます。コミュニケーション障害というより、異種コミュニケーションかな?私たちと方法が違うので、こちらは想像力の課題をいつも出されてるような、お互い腹の探り合のような…今の作業所のみなさんも彼を理解しようと頑張ってくださり、彼も自分の新たな環境でいかに意志を伝えようか神経を研ぎ澄ませているような気がします。もう大人、高みを目標とさせる必要はなく、生きる仲間として、親として(いつも若干医者っぽさが混じってしまうのですが)“通訳”に徹するのみですね。
スポンサーサイト
別窓 | 障害児子育て | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<何がなくとも心の健康(世の中全員) | DR.akkoの春夏秋冬 | 自分の子ども、簡単には説明できませんが・・・>>

管理者だけに閲覧

トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
| DR.akkoの春夏秋冬 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。